新着情報

連帯債務と連帯保証の違い

< 夫婦で収入合算をすると連帯責任を要求される > 

住宅ローンの借入金を増やすために配偶者の収入を合算して申し込む場合、金融機関は返済をより確実にするために夫婦が連帯してその責任を負うことを要求します。

 f

 

< 連帯債務者 >

住宅ローンを組む際、金融機関はかつてのような連帯保証人を求めるのではなく、連帯債務者を求めるケースがほとんどになりました。契約者は主たる債務者、従たる債務者の連名契約でひとつの契約になり、それぞれが同じ債務を負って返済する義務があります。また、金融機関は主たる債務者が支払えなくなった場合に限らず、いつでもどちらにでも請求できることになります。

この場合、団体信用生命保険は主たる債務者のみ加入できますが、夫婦どちらかが死亡・高度障害状態になった場合に借入残高の全額が補償される保険「夫婦連生団信」も金融機関によっては用意されています。また、住宅ローン控除はそれぞれが受けることができます。

< 連帯保証人 >

夫を主たる債務者、妻を連帯保証人として住宅ローンを組む場合、連帯保証人は単なる保証人と異なり、債務者と同じ責任を持つことになります。ただし、実際に妻が請求を受ける時期は夫の返済が滞った後になることが一般的です。

この場合、契約は1本で夫のみ団体信用生命保険に加入し、住宅ローン控除を受ける事になります。

また、契約を2本に分けて夫婦それぞれが住宅ローンを組むこともできます。これをペアローンと言います。この場合、夫が債務者となる契約では妻が連帯保証人に、妻が債務者となる契約では夫が連帯保証人になります。団体信用生命保険はそれぞれが加入し、住宅ローン控除もそれぞれ受けることができます。

カテゴリ

アーカイブ

相談のご予約や、おわせはこちら

TEL 053-464-7667 受付時間10:00〜18:00

お問い合わせ

新着情報

新着情報一覧

新着情報一覧

株式会社ライフ・デザイン・クロス

〒435-0013 静岡県浜松市東区天龍川町439-1-503 TEL 053-464-7667

↑